スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康に役立つ知識(93)

こんばんは。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。
今朝は、『健康に役立つ知識(93)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
みんなの健康に役立つ知識
☆食中毒の原因となる細菌の種類(4)
●黄色ブドウ球菌
黄色ブドウ球菌は、もともと人ののどや鼻、傷口などに日常的に存在していますが、人の手を介して食品の中で増殖したものを食べた時に食中毒の症状を起こします。潜伏期間は2~4時間で胃のむかつきや嘔吐、腹痛、下痢などの症状が現れます。
●ウェルシュ菌
ウェルシュ菌は、カレーやシチューなどの肉類の煮込み料理を加熱処理後、放置している場合にその中で増殖します。潜伏期間は8~20時間で、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が起こります。ウェルシュ菌による食中毒は、食べる時に十分に加熱することにより防ぐことができます。
●ノロウィルス
ノロウィルスによる食中毒は、冬から春にかけて多く発生しますが、人から人への感染力が強いため、集団発生が多くなっています。感染源は、生カキや消毒が不完全な飲料水などで、潜伏期間は1~2日、感染すると激しい嘔吐や下痢、頭痛、発熱、のどの痛みなどの症状が現れます。
明日は、『健康に役立つ知識(94)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カイロプラクティック白藤 院長

Author:カイロプラクティック白藤 院長
岐阜県各務原市でカイロプラクティックの施術院をさせていただいております。
『あなた』と『あなたの大切な方』の健康をサポート!
一緒に健康を目指しましょう♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。