FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康に役立つ知識(32)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。
今朝は、『健康に役立つ知識(32)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
みんなの健康に役立つ知識
☆漢方薬にも副作用がある(3)
[主な漢方薬と副作用]
具体的な漢方薬と副作用には、次のようなものがあります。
●甘草(かんぞう)…肝炎や肝機能改善、鎮静、鎮咳、抗潰瘍作用があります。
副作用として、血圧上昇・むくみ・低カリウム症が現れることがあります。
また、インターフェロンとの併用で間質性肺炎を起こす危険性がありますので、注意してください。
●麻黄(まおう)…喘息や咳の改善、解熱、発汗、関節の痛みをとる作用や利尿作用があります。
副作用として動悸・血圧上昇・興奮作用があげられます。
エフェドリンが含まれているので、不整脈や狭心症、心筋梗塞などの心臓疾患のある方は要注意です。
●附子(ぶし)…身体を温め、痛みをとる作用があります。
和名をトリカブトと言い、少量でも中毒症状を起こしたり、呼吸困難を起こす事があります。
●人参(にんじん)…消化機能を助けたり、新陳代謝を促して体力を回復させる働きがあります。
副作用として、動悸・湿疹・熱感などがあります。
●大黄(だいおう)…解熱、便通の回復、胃腸の炎症を治す作用があります。
下痢・腹痛・食欲不振が現れることがあります。
●地黄(じおう)…身体の水分を補う働きのある漢方薬です。
胃部不快感や下痢・食欲不振を招く事があります。
●筏苓(ぶくりょう)… 浮腫、健胃、不眠に効果があるとされています。
まれに便秘を引き起こすことがあります。
●竜胆草(りゅうたんそう) …頭部炎症、腫脹、健胃、熱を取り水分を排泄する働きがあります。
副作用として、胃腸障害を引き起こすことがあります。冷え性の人には向いていない漢方薬です。
●黄連(おうれん)…解熱、健胃、消炎、止血作用がある漢方薬です。
副作用として、食欲不振・下痢・便秘が見られる事があります。
●柴胡(さいこ)… 解熱、鎮痛、消炎作用があります。
副作用として下痢・倦怠感・胃部不快感・便秘などがあります。
明日は、『健康に役立つ知識(33)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カイロプラクティック白藤 院長

Author:カイロプラクティック白藤 院長
岐阜県各務原市でカイロプラクティックの施術院をさせていただいております。
『あなた』と『あなたの大切な方』の健康をサポート!
一緒に健康を目指しましょう♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。