スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よりよい眠りのための11のヒント(4)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『よりよい眠りのための11のヒント(4)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

⑤光の利用でよい睡眠を。
・目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をリセット。
起床後、太陽の光を浴びてから約15~16時間後に眠気が現れます。これがしないと、その夜の寝つきが約1時間遅れることがあります。
・夜は明る過ぎない照明を。
室内が過度に明るいと体内時計のリズムが遅れ、自然な入眠が遅れます。
⑥規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣
・いつも同じ時刻に朝食を摂っていると、その1時間ほど前から消化器系の活動が活発になり、朝の目覚めも良好に。夜食、特にタンパク質の多い食事は、睡眠の妨げとなるので、空腹で寝つけない時は消化の良いものを少量に。
・運動習慣は熟眠を促進。
運動習慣のある人は不眠になりにくい。軽く汗ばむ程度を毎日規則的に。

明日は、『よりよい眠りのための11のヒント(5)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カイロプラクティック白藤 院長

Author:カイロプラクティック白藤 院長
岐阜県各務原市でカイロプラクティックの施術院をさせていただいております。
『あなた』と『あなたの大切な方』の健康をサポート!
一緒に健康を目指しましょう♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。