スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前には…(2)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝る前には…(2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
良い睡眠に就くために、すると良い事、しない方が良い事の2回目を書いていきたいと思います。
軽い運動をすると良いでしょう。就寝15分くらい前にストレッチをするのがオススメです。目的は、リラックスすることと体温をじわりと上げること。ストレッチのあとは、体温が徐々に下がっていき、睡眠モードに入っていけます。寝る直前の激しい運動、無酸素運動は、交感神経が優位に立ち興奮状態になったり、体温が上がり過ぎたりして、睡眠を妨げる可能性もありますので、注意が必要です。

明日は、『寝る前には…(3)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝る前には…(1)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝る前には…(1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
良い睡眠に就くために、すると良い事、しない方が良い事を書いていきたいと思います。
人間は、体温を下げ、眠る状態になります。
お風呂は、寝る1時間~1時間半くらい前に入るのが良いでしょう。38~39℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがオススメです。副交感神経が優位になって、血管が拡張され、手や足先から熱が放射され、体温がゆっくり下がります。逆に40℃以上の熱いお湯に浸かると、交感神経が優位になって血管が収縮して体温がなかなか下がらなくなります。熱いお風呂は朝入るならオススメです。
食事は、寝る3時間前には終えましょう。胃が消化する為に活発に動いているとなかなか寝就く事ができません。
寝酒は、寝就きは良くなりますが、お酒が覚める時に目も覚めてしまう可能性があります。トイレも近くなり、結果的に良い睡眠が取れなくなる事も多いです。

明日は、『寝る前には…(2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の環境(2)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝ている時の環境(2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
昨日は、寝床内の環境について書きました。今朝は、寝室の環境について書いていきます。
☆良い睡眠を取るための寝室環境☆
音:生活音の少なくなる夜間は、ちょっとした物音でも大きな音に感じてしまいます。家族の協力でお互いの安眠を妨げないようにしましょう。外からの騒音には、二重(防音)サッシや雨戸、防音カーテンなどを使用すると良いでしょう。仕事の都合などで昼間に寝る方には、特に必要でしょう。
光:寝室の明るさは、20~30ルクスが良いと言われています。これは、おぼろげに物の形がみえる程度の光です。これには個人差があるので、自分が一番眠りに適していると思う明るさに調節して下さい。ただし、電気をつけっぱなしにして眠ると、脳にストレスを与えてしまう可能性もありますので、注意が必要です。
温度・湿度:寝室の温度は、夏が25℃、冬が15℃で、湿度は年間を通して50%が良いと言われています。エアコンなどで温度調節をする時は、冷房は25~28℃、暖房は18~22℃を目安に設定します。暖房の使用は空気が乾燥する原因になるので、加湿器の使用をオススメします。
その他:寝室は眠るための場所なので、落ち着いた眠りやすい雰囲気作りが大切です。刺激的な色は避け、部屋全体をベージュやブラウンなどの落ち着いた色合いにするのがオススメです。

明日は、『寝る前には…(1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の環境(1)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝ている時の環境(1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
よい睡眠を取る為には、寝床内や周囲の環境を整えることも重要です。
最適な寝床内環境は、温度33℃±1℃、湿度50%±5%と言われています。
寝床内が、この環境に近づくように掛ける物や下に敷く物を整える必要があります。
・冬は、暖まった空気を逃がさないように、なおかつ寝床内が暑くなり過ぎて、掛けてある物を跳ね上げないように。
・夏は、寝床内の温度や湿度が上がらないよう、室内に逃がすように。
することが大切です。
本当に良い羽毛布団は、冬も夏もオールシーズン使えるそうですよ。

明日は、『寝ている時の環境(2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の姿勢 (5)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝ている時の姿勢 (5)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
寝返りが必要な事、寝返りができる環境については、昨日までで書かせていただきました。
皆さんの中に小さなお子さまやペット(犬や猫など)と一緒に寝ている方はみえませんか?
お子さまが小さい時は、ある程度までは仕方ないかもしれませんが、一緒に寝ている事により、お互いの寝返りが減ってしまいます。親だけでなく、お子さんの寝返りの数も減ってしまい、歪みがたまってしまう事になります。
カイロプラクティック発祥の地アメリカでは、子供が産まれた時から子供部屋が用意され、産まれたばかりの子供でも親と別々に寝るそうです。
日本では、住宅事情などでなかなか難しいとは思いますが、お子さまの将来と親(自分)の将来を考え、できるだけ早く別々に寝る方が良いと思います。
最近は、少なくなりましたが二段ベッドや机の上にベッドがある物はオススメできません。高い所に寝ている意識から、寝返りが減ってしまいます。

明日は、『寝ている時の環境(1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の姿勢 (4)

おはようございます。

カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。
今朝は、『寝ている時の姿勢 (4)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
寝返りをする為には、マットレス(敷き布団)の幅はどのくらい必要か?
大人の方なら110cm以上はあった方が良いでしょう。男性なら125cm以上は欲しいところです。
枕の幅は、あお向けになった状態から左右にゴロンと寝返りを打っても落ちない幅が必要です。
50~55cmあれば大丈夫でしょう。

明日は、『寝ている時の姿勢 (5)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の姿勢 (3)

こんにちは。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今日は、『寝ている時の姿勢 (3)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
昨日、寝る姿勢は、あお向けで寝返りをしっかり打てる環境が良いと書きました。
では、どんな環境が良いのか?
中国の湖南省にある長寿村では、竹を横向きに並べた上に薄い敷物を敷いて、その上で寝ているそうです。
丸い竹の上にやわらかい物を乗せると両側に伸びます。これが連続していると牽引する力が働きます。
なので、竹を横向きに並べた上に人間が寝ると頭と足の方に、自分の体重で緩やかに引っ張られるようになります。
身体全体が緩やかに引っ張られ、沈み込まない為、寝返りもスムーズに打てるようになります。
それに加え、起きている時間、重力で椎間板が潰されているのを引っ張ることにより、椎間板に必要な栄養を取り込めるようになります。

明日は、『寝ている時の姿勢 (4)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の姿勢 (2)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝ている時の姿勢 (2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
あお向けに寝ると腰とおしりの部分に体重の44%、肩の部分に体重の33%の重さがかかるそうです。
やわらかい敷き布団やマットレスを使っていると、身体がWの形になってしまいます。その状態を起こしてみると猫背で腰が曲がった悪い姿勢になっていると思います。
横向きで寝る場合は、背骨全体と骨盤がCの形に曲がってしまいます。
うつ伏せで寝る場合は、腰と骨盤が反り過ぎてしまいます。顔を左右どちらかに向ける事になる為、首(頸椎)にも大きな負担をかける事になります。
なので、寝る姿勢は、あお向けで寝返りをしっかり打てる環境が良いでしょう。

明日は、『寝ている時の姿勢 (3)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

寝ている時の姿勢 (1)

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『寝ている時の姿勢 (1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
寝ている時の姿勢はとても大切です。
基本は、あお向けが良いです。
それに加え、寝返りがスムーズにできること。専門の機関によると、一晩に30~40回くらい寝返りを打つのが良いと言われています。
例えば、身体が4cm沈んでしまったら寝返りの数が半分になってしまうそうです。
寝ている間の寝返りは、昼間生活している間にできてしまった歪みを自分で戻す行為なので、しっかりできていないと次の日まで歪みを持ち越してしまうことになってしまいます。

明日は、『寝ている時の姿勢 (2)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

どんな枕を使ったらいいの?

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『どんな枕を使ったらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
枕は頭に当てるというよりは、首を支える為に使うのが良いです。
首(頸椎)は、前にカーブ(前弯)しているのが正しい状態です。
日中の生活習慣(パソコンやスマートフォン、車の運転やテレビを見るなど)によってほとんどの方は、カーブが少なくなっている可能性が高いです。
寝ている間になるべくカーブを作る事ができれば良いですよね。
程よい固さで首の前弯を作る事ができる枕がオススメです。
柔らかい枕は、歪んでいる骨に合わせて凹んでしまいます。
骨が歪んでいる状態に合わせて枕を作っても、歪んだままになってしまいます。
良い枕で首のカーブを作る事によって首の筋肉が柔らかくなり、呼吸が楽にできるようになります。いびきや睡眠時無呼吸症候群の方にオススメです。
腹筋も柔らかくなり全身の力が抜ければ、より質の良い深い睡眠が取れるようになります。
そうすれば、身体を修復するホルモン(子供の時は、成長ホルモン)も出て、疲れも残らず気持ち良く目覚める事ができるでしょう。
カイロプラクターがオススメする枕を体験してみたい方は、電話連絡をしてから、ぜひ普段使っている枕を持ってお越し下さい。

明日は、『寝ている時の姿勢 (1)』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

こった筋肉はどうしたらいいの?

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『こった筋肉はどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
こった筋肉は、マッサージでほぐすのも良いですが、強過ぎないように気を付けて下さい。強く揉んだり、たたいたりは、筋肉繊維を破壊する事もあります。
温泉などで温め血行を良くするのも良いでしょう。
ただ、マッサージや温泉で筋肉をほぐしても、身体に歪みがあれば、またすぐこってしまいます。
カイロプラクティックの施術で、身体の土台である骨盤や背骨を整え、維持する事も必要です。
それに加え、筋肉の収縮時に使われるカルシウムと身体の軟部組織(筋肉、軟骨など)に必要なコンドロイチンを摂る事も必要です。

明日は、『どんな枕を使ったらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

歪んでしまったらどうしたらいいの?

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『歪んでしまったらどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
肩こりや腰痛、便秘や冷え性など身体の気になる所のある方は、まず間違いなく身体の歪みがあると考えて良いと思います。
分からない場合や歪んでいるか心配な場合は、まずカイロプラクティック白藤の歪み「無料身体の歪みチェック」を受けてみて下さい。
歪みが全くなければ、そのまま帰っていただいて良いです。
歪みが少しでもあった場合は、施術を受ける事をオススメします。(初めての方は、\2,500で受ける事ができます。)
施術を受けてみて、施術前・後の身体の状態を確認して下さい。肩・肩甲骨・骨盤の高さ、前屈や後屈などの検査をしてみると違いが分かると思います。
施術で整えた身体を維持する為に生活習慣を見直しましょう。やらなくても良い身体を歪ませてしまう癖は、やらないように。
それでも、普段の生活や仕事などで身体は歪んでしまいます。
無理のないように施術に来ていただく事と運動療法を家でやっていただく事をオススメします。
過去の歪みを施術で整え、未来(毎日の少しずつ)の歪みは家で自分で整えるイメージです。
家でやっていただく運動療法のご指導もさせていただいております。

明日は、『こった筋肉はどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

歪ませないようにするにはどうしたらいいの?

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『歪ませないようにするにはどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
イスに座っている時に足を組む事や立っている時に片足重心になる等、やらなくても良い癖は、やらない様にする。
車を運転する時は、イスの真ん中に座り、背もたれを倒し過ぎない。
パソコンやスマートフォンを使う時は、下を向き過ぎないようにする。
上記したのはほんの一部ですが、できる限りで良いので気を付けましょう🎵
足を組む癖のある方は「反対も組むようにすれば、大丈夫ですね!」と言われますが、残念ながら両方の骨盤が歪んでしまいます。
ゴルフやテニス、卓球など身体をねじるスポーツの場合は、素振りで良いので反対側もやっていただくと良いと思います。
ぜひ、自分の身体がどうして歪んでしまったのかを考えてみて下さい!

明日は、『歪んでしまったらどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

歪みを作る原因

おはようございます。
カイロプラクティック白藤 院長の白藤浩です。

今朝は、『歪みを作る原因』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。
昨日までは、歪みの種類について書かせていただきました。
では、何が身体を歪ませてしまうのか?
・イスに座っている時に足を組む
・立っている時に片足重心になる
・字を書いたり、箸(スプーン)などを使って食事をする
・車を運転する
・パソコンやスマートフォンを使う
上記したのは、極一部で、日常生活のありとあらゆる事で歪んでしまいます。
極端な事をいうと、歩くだけでも骨盤は歪んでしまいます。
二足歩行をする人間の宿命ともいえます。
あと、寝る時の姿勢も重要です。「人生3分の1は寝る時間」といわれます。寝る姿勢が悪ければ、長時間姿勢が悪くなり身体も歪んでしまいます。

明日は、『歪ませないようにするにはどうしたらいいの?』について書きたいと思いますので、宜しくお願いします。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

カイロプラクティック白藤 院長

Author:カイロプラクティック白藤 院長
岐阜県各務原市でカイロプラクティックの施術院をさせていただいております。
『あなた』と『あなたの大切な方』の健康をサポート!
一緒に健康を目指しましょう♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。